過去の出演歴(その1)

すっかり、僕の一般生活が暴露されているドロンパです。
夜光の星が胸元で光るTシャツは、もう着てません。
(穴が開くまで着ましたが)

最近の変わった洋服は、ジッパーがついたセーターの中の裏地が”ウサギの皮ジャン”というシロモノを買っていただきました。
ウサギが暖かいのですが、持っている洋服を分類すると、このセーターは完全にカジュアル一張羅(お洒落普段着)に分類されるため、会社には着ていけないし、かといってもう着るシーズンではないのが、なんとなく勿体ないと思う次第でございます。

さてさて、ゆーまさんの編集の妙技はご確認いただけてます?なんだか、残っているパーツを組み合わせると、最悪なさらみをご確認出来ると思いますが、そこは人徳のあるエライ子ゆーまさんのことです。多分、大丈夫でしょう。(軽く釘を刺す)

さぁ~、ゆまらじ公開を記念して私のこれまでの人生でどれだけ世界に向けて公共電波でアピール出来たのかをお知らせしようと思います。(なんとなくね。なんとなく…。)

◯小さい頃

母に連れて行かれたイベントでの出来事。まぁイベント自体が小学生の僕を魅了する物ではなく、ほぼいやいや参加したのですよ。

だって、そのイベントってのが、”山の山菜を取って食べる”っていうイベントです。ね、小学生の心を全くソソラナイ
山のガイドと覚しき人の後をついて行って、食える山菜を探して、それを袋に入れて料理場で天婦羅やら煮物にして食べるっていう内容です。

今だったら結構喜んで行きそうですが、小学生には苦手なジャンルの山菜がメインですから、やる気も勿論ないわけですよ。

そう、カメラを見つけるまではさ。

なんと、そのイベントはテレビで放送されると、ガイドから聞くやいなやテンションは変わるわけですよ。

チラっとガイドが山菜の説明している場面をカメラマンが撮影していると、全面に出て大きくオーバーアクションを見せ、普段なら食いつかない”山菜の天婦羅”を『うまい!』と喰らうから不思議です。

待ちに待った放送日(再放送あり)は、家族でテレビの前に集まって随所に現れる自分を見たのでした。(当時、ビデオはありませんでした。)

番組が放送されたのは、我が千葉が誇るチバテレこと、千葉テレビ。えらくローカルな放送であることを報告しておきましょう。(勘違いされないとは思いますが。)

ゆまらじ絶品でっせ。(宣伝)
ダウンロードはiTunes。
サイトはがじぇいるからどうぞ。

■がじぇいる(Podcasting+Blog)
http://d.hatena.ne.jp/gadgetmobile/
■千葉テレビ
http://www.chiba-tv.com/


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック