継続の力

継続するっていうことに結構僕なんかは向いていないのではないかと
思っているわけです。

何かを始めた場合、追加でやることが増えるわけですから、
それまでやっていたことをお座なりにして時間を見つけたりしないと
いけないのですから。

その点、継続してやっているっていう物を見かけると『オオ!すげー』と
思ってしまうのですよ。特にそれが、僕の実生活にまったく関係ないことだと
しても、昔に行った飲み屋に行って飲んだ飲み物があったりすると、
『あってよかった』とほっとする反面、なんだか感動という感情が浮かんでくるのです。僕の心のボブさんがね。ふふふ(ええっと、僕は2重人格ではないですよ。)

継続してんなーってのは、土曜の高校の後(ええ、当時は授業がありましたよ。)、お昼を食べによく行っていたらーめん屋珍来

なぜか高校生は店舗の2階にあげてくれて、なんでかしらないけど
食後にアメをくれたり、灰皿があったりと妙にやさしかった思い出を思い出します。(灰皿の使い方はよく知りませんでした。)

千葉県内では、珍来→福一に店変更という現象がちょっと起こっているのですが、高校を卒業してすでに干支も一回りを超えても、まだお店があるってのがうれしいじゃないですか。

最近、ほとんどラーメンは食べないんですけどね。。。。

■らーめん珍来
http://www.chinrai.co.jp/

■らーめん福一
http://fukuichi.chips.jp/


そう、継続するってすごいなぁということなんですが、
一番驚いているのが、これ。

■あさりちゃんのへや
http://www.netkun.com/asari/

そうです、あのあさりちゃんってば、まだ連載続いていたんですね。
まったくしりませんでした。(連載雑誌が小学2~5年生じゃまったく気が付きませんが)

現在、単行本は80巻(てんとう虫コミックス)まで発売されているそうでございます。
※ぴっかぴかコミックスは10巻。

ええ、これは感動ですよ。1982年に放送されたテレビアニメもDVDで販売しているし、作者の”室山まゆみ”さんは実はご姉妹のペンネームであるという情報もしらずに第1巻発売の1980年4月から足掛け25年も連載しちゃうなんてなんだかすごい。

そう思うわけですよ。こち亀こと、こちら葛飾区亀有公園前派出所のコミックが149巻であることもすごいのですが(第1巻は1977年7月9日発売)、こち亀の場合は読者層がすでに相当広くなっているからどんな話題でも、”今の話題”を取り込めると思うのですよ。

その点、あさりちゃんは、ほぼ小学生限定での話ですから、話つくりも困ると思うんです。それが25年以上ロングランを続けているのですから、これは相当作者泣かせの作品なのではないかと思います。

Palmが10年でコケても、あさりちゃんは25年、こち亀は後1年でマル30年、
なんだかマンガってペンで一コマ一コマ書くだけあって、電子媒体にはないパワーがありますね。

ウォークマンが発売されたのが1979年7月1日(TPS-L2)です。(調べた)

まだまだ先の話ですが、2009年7月1日の”ウォークマン発売30周年モデル”はどんなものになるんですかねぇ。

後、3年後にモバイルを含めた状況がどういう状態になっているのか考え付きません。

ワイヤレスUSB?Bluetooth?無線LAN?
いずれにせよ、今年の夏頃でるだろう新しいウォークマンとiPodで
気に入ったほうを僕は買います。(今度こそ~断言)

※現時点でiPodに傾いています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック