渋谷にレッツゴー(iriver-前編)

前回の続きですね。すいません、長文で・・・。

--要約
iriverのiFPシリーズにステレオ録音機能があることに
やっと気づいたさらみは、ない知恵を絞ってiFPシリーズを探し回るのであった。

--要約終了

求めているのはこちら。

■iFPシリーズ
http://www.iriver.co.jp/product/?iFP-700

続き~

iriverのiFPシリーズ購入のために、私の知る限りの取り扱いをしてそうな電気店(PC DEPOT、LAOX、ケーズ電気、イオン)をまわってみましたが、iriver製品自体の取り扱いが少ないのですね。

発売から相当な時間が経過していることですし、現在の一押しな商品たちがありますから 致し方ないことですが、

私が希望していた

・外部マイク(プラグインパワー)接続ができる。
・ステレオで録音ができる
価格がぐっとお得(ここ重要)

という面をクリアするには、専用のICレコーダとかも選択肢にあったわけですが、売っているICレコーダはどれも大抵1万円以上はします。
なんだか、ICレコーダはインタビューしているみたいだし、価格がなんといっても私に優しくありません。(事実)

やっぱり実験Podcastを実施(そうだったのか?)している私としては、

・安い
・簡単
・色あせない(?)

を目指し、初心者Podcasterがより簡単に、より人類に優しく出来るように、”モノラル”録音環境からのステップアップである”ステレオ”録音環境を手に入れるために奔走したのです。

R-09っていうRolandのレコーダがいいことは承知ですが、何時迄続けられるのかわかっていないお試しPodcasterが手に入れるのは難しいですよね。

■製品情報:R-09
http://www.roland.co.jp/products/dtm/R-09.html

事前情報として、アイリバー・プラザ渋谷にてiFP700シリーズの128M,256M,512Mが各5台づつ売っているらしいとの情報を手に入れていた私は、来週末に購入しようとした場合完全に入手不可になる可能性があるためと仕事の都合でぽっかり空いている午前中を生かして、アイリバー・プラザ渋谷に向かいました。

■アイリバー・プラザ渋谷
http://www.iriver.co.jp/sales/plaza_shibuya.php

ショップの近くにビックカメラがあることを知った私は、時計をちらりと見て『…ステレオマイクが買えるなぁ』と思うのでした。

また、ここでも僕を迷わせるのです。

『どのマイクを買うのがいいのか?』

・ダイレクトに刺さるちっちゃい枝っぽいのが良いか?
・ケーブルがあってピンでシャツに止まるのが良いか?
・単純にステレオマイクと言っても形状を見ても様々であること。
・勿論メーカーも多彩

なんてことをグルグル考えて(ショップが開店するまで)、えいやぁ~と選んだのがオーディオテクニカのマイクです。
基本性能は、ステレオという以外わかりません。

以下は今調べた結果

メーカー型番 : AT9841
型式 : エレクトレットコンデンサー型
指向特性 : 単一指向性×2(ステレオ)
周波数特性 : 100~12,000Hz
感度(0dB=1V/1Pa, 1kHz) : -48dB
インピーダンス : 2kΩ
SN比(1kHz/1Pa) : 50dB以上
電源 : プラグインパワー方式
プラグ : 金メッキ3極φ3.5ミニ
付属品 : ウインドスクリーン、リングストッパー
サイズ(ヘッド径×全長) : φ10.5×41.5mm
重量 : 約5g

■製品情報:AT9841
http://www.audio-technica.co.jp/products/mic/at9841.html

んー、どうなんでしょうか?使えるのか???

まだ試していないのですが、その模様は、iFP-795SEの
使いかってと合わせてレポートしますね。
(って、引っ張るのかよ?)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック