クッテナイMobile vol.6 図書館とPDA のメモ

引き続き公開されております、我らのMCP(Mobile community podcasting)
のメモでございます。

■Mobile community podcasting
http://www.voiceblog.jp/gadgetmobile/

ネタ的に厳しくなってきただろう?という御仁には、
内緒話をして差し上げますが、がんばるっすー。
って、ことでゆーまさん。今から送りますー。

■がじぇいる(Podcasting+Blog)
http://www.voiceblog.jp/gadgetmobile/


※メモだから文章は気にしないようにね。
 音声を聞きながら、カムカムさらみがどうやっているかを
 確認するためのメモです。

------------------
職業クッテナイ3
------------------
今回は、図書館書士。というか、図書館使う人。

図書館って使ってます?意外と買わない雑誌とかを見るとなんとなくお得感がある図書館。
住んでいる町に税金払っているのですから使わなきゃ損な感じがする図書館。

一番面倒なのが、本当に捜したい本を捜すのが相当面倒なのが唯一の欠点だと思います。私の住んでいる所では、図書館が複数あって本の検索は図書館のPC端末で検索することができますが、行かないと検索出来無いという不便さがあります。

多分、働いている図書館書士さんも、本のタイトルを聞かれたりすることも多いことでしょう。

各図書館が所有している蔵書のデータを家庭で見られるサービスは有っても、図書館でデータベースを参照できればもっと便利なのに。

と思うと、PDAが便利に使えそうじゃありませんか?

図書館に設置されたPCと同等のデータベースが、図書館内で配信されれば、PDA所有者は確実に利用しますよ。

特に図書館内で無線LAN接続で検索できれば特に便利なのにと思うのです。
勿論、セキュリティ対策が必要ですし、図書館データベース以外へのアクセスは拒否しないといけませんが、PDAやノートPC所有者だけの特典を提供することもサービスとして駄目でしょうか?

やったことがないことを行政がやるのは、かなり手間隙がかかると思いますが、小学生にPDAをわたし、
それを用いて自分の住んでいるところがとてもベンリだと思わせることで、より町に対しての愛着が
沸くんじゃないかと思います。

過疎化で困っている市町村の皆さん、PDAの導入はどうでしょうか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック