LAN状況

ふぅ、(=´ω`=)y─┛~~ 終了。

まずはLAN環境としてこの記事を読んでくださいな。
http://www.pc-view.net/Business/041118/page4.html

記事に書かれているように確かにスターバックスで
ノートPCを使って無線LANを使っているような人は結構いましたよ。

スタバ自体が町を区画している1ブロックに一軒程度の
割合であるので、かなりノートPCを広げてる図は
見かけたし、町が安全になったのか結構ノートPCを持ち歩いている
ような感じでした。(ウロウロしたのがミッドタウンだったので、
結構安全にノートPCを持っている人がいたのかもしれませんが、
さすがに街中の路上でPC触っている人は居ませんでした。)

無線LAN環境はスタバにしろ、マックにしろ
如何せん”有料”です。

戦争に加担している企業でもあることを
買った後に思い出したのですがやっぱり金を払ってまで
使う気になれませんでした。

私が泊まったホテル
は、部屋に有線のLANの口は開いているのですが、
無線LANまでは設備が充実していませんでした。

仕方なく、有料のインターネットサービスを1日使い、
10ドル程度のお金を払うこととなりましたが、勿論のこと
日本語入力などはできず、日本対バーレンの試合結果を
日本の帰国直前に確認した程度でしたが、
high-speedとテレビのメニューでは言っている
割りにとっても通信速度は遅かったです。

多分、ケーブルTVの回線を使っていると思われるのですが、
インターネット環境としては日本のADSLの方が優れていると
思います。

私が注目していたのは、NYCで無料公開している
無線LANスポット(NYC Wireless)は無料で利用できる
スポットなんですが、ホテルの近くにはなかったことと
エリアがマンハッタンの南側に集中しているため、
アクセスはできませんでした。
http://www.nycwireless.net/index.html

自分が行くホテルがある近くにスポットがあれば
結構利用できたと思いますし、きちんとエリアを覚えておけば
かなり使えると思いますので、ニューヨークに行く人は
エリアをしっかりと覚えておくなり、プリントアウトしておくとよいと思います。

町の中をうろうろできた3日目に、インターネットができる
お店を探しましたが見つけ方が悪かったのか
その類のインターネットを前面に出した喫茶店などは見つかりませんでした。

CAFEでインターネット端末が置いてあるところはありましたが、
勿論有料ですし、日本語入力ができないことから
使用するのにためらいがありましたし、
無線LAN環境となるとアクセスポイントが引っかかるところは
ありましたが、有料くさかったので結局CLIEから
インターネットでウハウハ計画は頓挫せざるを得ませんでした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック