メモステ1G 購入計画

http://www.watch.impress.co.jp/mobile/column/palm/2000/02/10/

2000年の記事であることは知ってましたし、まー行けばどうにか
なるだろうという安易な考えで、グランドセントラルステーションに
家猫さん(嫁)を送りに言った後、目指せ CompUSAってな感じで
意気揚々と5番街にメモステ1G購入のために
乗り込んでいきました。

ニューヨークでは(アメリカ全土ではどうだか知らない)、
I LOVE NYのTシャツに合わせてN.Y.グッズが置いてあれば
お土産屋だし、DVDとかモバイル機器が並んでいれば電機屋と
店先に飾ってあるものを見れば大体何屋だかはわかります。

3日目の自由時間は、偶然に家猫さん(嫁)も花嫁やその友達や親戚と
一緒にエステに行くということになり、私はN.Y.在住の友達に
会いに行くという名目での自由時間となったので、友達の携帯に
電話をしなきゃなぁと思いつつ、頭の中は5番街で、
メモステ1Gを120ドル以下で購入し、1Gメモステがしっかりと
認識されるかどうかを確認している図を
頭に浮かべながら歩いていました。

行ったお店は上のURLにも乗っていますが
・datavision
・compUSA
・町の電気屋さん(店先のディスプレーは電気製品)

では以下、私が店に入って聞いたセリフに対しての
店員の答えです。

私『1Gのメモステはいくらですか?』

・datavision 『んー、多分140ドルくらいだけど店に今ありません。』
・compUSA『え?1G? いつ入ってくるかすらわからないよ。』
・町の電気屋さん『ちょっと待ってね。(奥で調べてから)
ごめんね。1Gはありません。』

と、1Gメモステは存在していませんでした。
(探し方が悪いかもしれません)

町の電気屋さんでは、食い下がり
512MのメモステDuoが80ドルであるという回答までもらいましたが、
それじゃあ日本と変わりありません。
120ドルでウハウハはできません。(こだわり)
(多少安いってのはありますが、どうせTAXがかかるから
価格は一緒でしょう。)

自由の女神を見に行ったとき(1日目)の船内で
見かけた観光客が持っているデジカメはSONY、
ビデオカメラはCanonというのがほとんどだったので、
街中でもメモステ需要が高いだろう、
需要があることは安いんだろうと踏んでいた計画が
崩れ去り、店を3件回っただけで512M以外のメモステが
手に入らないことから1G計画はあきらめちゃいました。

多分、デジカメで利用しているメモステは512Mで
充分という消費者の判断なんでしょうかねぇ???


町の電機屋さん(店先にノートPC、モバイル機器が並んでいる)ところでは、
ほかのモバイルに混じって、CLIEが並んでいるところも
ありましたが置いてあるCLIEは、
NR70だったり、
CLIEあります的なポップも出ていたのですが、
TH55なんかは置いてませんでした。

datavisionの中では、CLIEの表示(ショーケース)がかかれてありましたが、
中に入っているのはPalmOne製品であり、CLIEグッズは扱われて
おらず、米国撤退をモロに感じました。

メモステという企画自体はなくならないと思いますが、
SDカードのような価格にならないことを米国で改めて
考えさせられる一日でした。

と、3件回ったところで友人の携帯につながり、
Green Pointに向かったのでした。

(NYC WIRELESS のアクセスポイントが Green Pointにあるのは
今知った。)

Logo_blue_
468x60

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック