特定電子メールの送信の適正化等に関する法律案

記事によりますと改正法では、広告宣伝メール送信の際、架空アドレスの使用やヘッダーを偽装するなど、送信者情報を偽った送信を禁止。従わなかった場合は総務大臣が改善命令を出すことができる。とのこと。

現在、横行しているヘッダの偽装が禁止されることで正常化するとは思えませんが、送信元が罰金対象になるってのはいいことだ。

と、せっかくのお休みに、PCでそんな記事を読んでいる自分が情けない。。。。

ああ、洗濯おわらんしー。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック