夏休みの思い出 - 2005 -1日目:新穂高温泉・槍見舘

やば、長くなりすぎている。1時間に1回は更新できるように
何かに追われて頑張ります。

登山を無事に終えた僕らは、新穂高ロープウェイの第2ロープウェイと
第1ロープウェイの間にある足湯に浸かったことで
ロープウェイの時刻表どおりには降りられずに、約30分の
ロープウェイ待ちを経験しました。

まぁ、普段の電車と一緒なので特に問題はありませんけどね。


ちょっと宿に遅れてついたのですが、多分私がであった
”日本秘湯を守る会の宿”の中でも現在1番のお勧め宿が
この槍見館です。


■日本秘湯を守る会 朝日旅行会
http://www.asahiryoko.co.jp/hito/

■新穂高温泉・槍見舘
http://www.yarimikan.com/

1day-yarimi-2005-9-15.jpg
※入り口

1day-yarimi2-2005-9-15.jpg
※狸もお迎え

中に入ると囲炉裏があるお部屋に通され、熊の毛皮の上で
お茶をいただけます。(動物愛護団体が文句が出そうですが、建物の感じと
熊の毛皮っていうのはとってもナイスな組み合わせです。)

勿論、日本秘湯を守る会の宿ですから提灯がいたるところにあります。
1day-yarimi-tyouchin-2005-9-15.jpg

お風呂は、露天が貸切風呂が4つ、男女の露天風呂が1つづつ、混浴が1つの合計7つのお風呂が
あります。勿論、景色やらを堪能できる露天風呂ではありますが、対岸から丸見えに
なっていることはありますが、各気になるようでしたら自分で
何だかの工夫はしてくださいね。


いや、混浴風呂とかも入ってみましたが(誰もいないタイミングで)、
混浴用のバスタオルは別途借りられますので、しっかり借りてきてくださいね。
男でも普通のタオルですとちょっと、ふわふわしたものが見えちゃいますから。

混浴風呂から貸切風呂が見えちゃうのもご愛嬌です。
気になるなら隠せばいいことです。気にしない、気にしない。

しっかし、ここのお風呂はいいですよ。
ホントに露天を堪能しつつ、貸切風呂もゆっくりできますし、
内風呂は内風呂でまた独特な感じです。

1day-yarimi-furo2-2005-9-15.jpg

ゆったり浸かって、ゆっくりした後は、待ってました飛騨牛の登場する
ご飯タイムです。お食事どころが一杯だったとのことで
お食事は部屋出しとなりました。
1day-yarimi-syoku1-2005-9-15.jpg

槍見館の素敵なところをまとめますよ。

<素敵なところ>

1.露天風呂が様々な個性のあるお風呂になっていて、混浴もある。
2.飛騨牛がうまい!
3.チェックアウトが普通の旅館よりも遅い。(11時)
4.朝食時にもう少しお布団で寝たい場合は申請することで、
 チェックアウトまでお布団引きっぱなしにしてもらえる。
5.勿論、お風呂の泉質は勿論、貸切風呂が多い。
6.部屋数がそんなに多くないのでほぼ貸切風呂を使える。
7.建物が赴きがあり、飲み物については自販機で購入ではなく
 ロビーにある冷水がかかる桶から選ぶ。(紙による自己申告制)
8.飲み物の脇には1個100円の温泉玉子もある。
8.ゆっくりできるような宿主の配慮が色濃い。

<残念なところ>

今のところ、僕には思いつきません。
強いて言えば、売っている煙草の銘柄がすくないくらいで、そんなものはどうでも
なる問題だけ。


いいっすよ、槍見館。


追記:おかしな団体

槍見館の露天風呂近くで何回も出会ったお兄ちゃんがいる構成が何だか
気になって仕方が無い。

男1人、女3名の団体で貸切風呂や混浴風呂に入っているのを目撃していたのですが、
・女性の1名と結婚しているとしても、”ほかの女性が似ていない”
・会社の同僚だとして、”いっしょに貸切風呂には入らない”
・兄弟だとして、”まったく似ていない”

んー、なんの団体だったのでしょうか・・・・。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック