今年はなんでだ?

開幕ダッシュが異常に続き、現在勝率7割5分。
無得点だった試合が一つだけと、一発はでないけどもつながる打線。
または、取った得点を死守する投手陣。


…これは本物の強さを感じます。というか、打線に陰りが出たり、投手を含めた選手の怪我とかもあることでしょう。

だけども、今年は強すぎです。

これは、1985年以来の日本一も可能では?と思ってしまいます。

大阪市立科学館で、故西村教授が圧縮空気を使った『学天則』という東洋最初のロボットの復元をし公開しているようです。

『学天則』と言えば、世界の神様の顔をミックスして、どの国の人にでも受け入れられるようにしていたり、豊かな表情が特徴だったりします。

…なぜそんなことを知っているかというと、中学生の時にオオハマリし、現在も自分の根底にある帝都物語の影響ですね。

『学天則』が東京の地脈を断ち切るために、地下鉄の中をダイナマイトを抱えて走っていくんですよ。

…と小説の話ですが、阪神優勝し、日本一になるのであれば大阪には行かねばなるまい。

『学天則』見て、上方落語を聞いて、甲子園に行ければ個人的には最高の大阪旅行になります。

さ~、10月にどうなっているか?楽しみです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック